1. ムートンクラブ TOP
  2. ムートンが愛される10の理由(その6-10)

タバコの火でも燃えないから安心 (その6)

火事の原因といえば、やはりタバコの不始末です。でもムートンなら安心です。万一、タバコを落としても、パイルの先端を焦がすだけで、燃え広がりません。というのもムートンの構成分子には、燃えにくい窒素が沢山含まれ、さらに繊維が水分を沢山含んでいるために発火点も高いのです。

それにムートンはもともとが、動物性繊維。火をつければ燃えますが、パイルの先端が炭化するだけです。焦げ跡部分は、ブラシでこすってオキシドールを含ませたガーゼでふけば元通りの美しさです。火災で恐いのは、炎もさることながら、一酸化炭素中毒。

ムートンは、危険な一酸化炭素ガスの放出量が低く、煙も透明に近くて安心です。

埃が舞い上がりません (その7)

ムートンの複雑な構造が埃(ホコリ)を抱え込み、埃が舞い上がるのを防止するので、お部屋の空気はいつもきれいですし、高いところにも埃が溜まりにくいのでお掃除も楽々。ムートンカーペットは静電気が起こりにくいので、軽く掃除機でお手入れするだけで、お部屋の空気も、カーペットもいつもきれいな状態。アレルギー反応がある人の場合、埃やダニが、呼吸器に入り、喘息発作を引き起こします。だから、室内の空気がきれいなことは、喘息(ぜんそく)のアレルギー反応がある人にはとても大切な事なのです

特に近年、コマーシャルの影響で嫌われているダニですが、本来、人間と共存してきた生き物ですし、ダニの全くいない環境は人間にもとても辛い環境なのです。アレルギー反応があるひとはともかく、アレルギー反応のない人までが、ダニを毛嫌いする必要はないかもしれません。

汚れにくいからお掃除簡単 (その8)

ムートンは、他の繊維に比べて三~五倍も汚れにくいといわれています。というのはムートンの表面はエビキューテクルと呼ばれる膜で覆われているため。たとえば、ジュースをこぼした時でもすぐに拭き取れば、染みにもなりにくいのです。 またムートンは繊維の中に湿気をほどよく含んでいるため、静電気が起こりにくく、ホコリやチリもつきにくい、といえます。つまり、毎日のお掃除も手軽でカンタン。クリーニングの回数も少なくて済みます。ワンパクざかりのお子さんをお持ちのご家庭や合理的なお掃除をお望みの奥さんにおすすめです。

ムートンは湿気を繊維の内部に取り込みますが、表面は撥水性。だから、ムートンは水を弾くのです。もちろん、水溶性の汚れもはじきますから、ムートンは汚れにくいのです。焦げ付き防止のフライパンや、車の防汚加工と同じしくみを自然に備えているということでしょうか。だから、一端汚れても、サッと拭き取れば、染みにもならず、きれいになります。

また、静電気が起こりにくく、埃を寄せ付けないのも、汚れにくい理由の一つです。汚さないコツは、汚れたら、すぐに拭き取ること。汚れを放置しておくと、繊維内部にしみこんで、だんだん取れにくくなります。

音を吸収するから快適音響 (その9)

ムートンには雑音や騒音を吸収するという特性があります。というのも、ムートンの繊維には、クリンプという自然の縮れがあるから。縮れているので、繊維と繊維が複雑に絡み合って空気の層をつくり、それが雑音や騒音を吸収してくれるのです。だから足音や話し声など生活音の反響も防ぎます。コンサートホールや、レコーディングスタジオでムートンカーペットが利用されているのは、ムートンのこんな力を生かしているからです。

階下への足音が気になるマンションや隣が近接しているお住まいには、とくにお勧めです。クリンプとクリンプの隙間が、雑音や騒音を吸収。純粋な美しい音だけが聞こえます。この特性を生かして、フルートやクラリネットのタンポにもムートンは使われています。

デパートの高級婦人服売り場へ行くと大抵ムートンのカーペットが敷き詰められています。また、一流ホテルのロビーやレストラン、客室でもやはりムートンカーペットが使われています。こういった「落ち着く」場所にムートンカーペットが使われる理由は、見た目の高級感もさることながら、余分な雑音を吸収し、静かな環境を創り出すムートンカーペットの特徴が最適だからです。

ムートンの表面には鱗状のキューティクルがあり、さらにウール独特のランダムな縮れがあるために、複雑な音の反響をもたらすというワケです。これは合成繊維にはマネのできない、自然の力。落ち着いたご自宅をお望みなら、やはりムートンカーペットです。

丈夫で長持ち、だから経済的 (その10)

ムートンの縮れクリンプは、人工的な加工ではなく、自然なもの。だから、ペチャンコにヘタったり、毛並みが寝てしまうこともありません。家具の下でつぶれたように見えても、ムートンなら、蒸気をあてれば、元に戻ります。髪の毛の癖毛の形状が変わらないと同様、いつまでもクリンプの形状を維持出来るのがムートンです。ムートンは、いわば天然の形状記憶繊維なのです。

安全な防虫加工が施してあるムートン製品なら、虫に食われる心配もありません。ムートンを食べる虫は、日本では4種類が知られており、ヒメマルカツオブシムシ、カツオブシムシ、ガ、コイガで、卵からふ化した幼虫がウールや、繊維についた汚れをエサにします。

ページ最上部に戻る

ムートンクラブ